2006年10月 4日 23:09

邪魅の雫

久しぶりの京極夏彦の新作です。
ボチボチ仕事も忙しいんですけど、寝る間を惜しんで読んでます。
引き込まれます・・・。
「魍魎の匣」以来、ひっさしぶりの分厚さです。800ページの2段組ときたもんだ。(笑)
昼休憩中に読んだりするんですけど、なんか、辞書持って歩いてる感じです。