2010年10月26日 01:28

AL-MailのメールをEudora7Jに移行する

Windows 7にインストールしてあるAL-Mail32のメールをEudora 7Jにインポートしてみました。
この方法だと、メール本文だけしかインポートできません。
添付ファイルの移行はできませんので、とりあえず移行したい場合に有効かも。

1.AL-Mailの受信メールを全て選択し、「メール」-「名前を付けて保存」をクリック。

20101026-1.jpg

2.「ファイルの種類」を「mboxファイル」とし、デスクトップ上などにファイルを保存します。
デスクトップ上にmboxファイルが作成されます。

20101026-2.jpg

20101026-3.jpg


3.保存したmboxファイルをEudora 7Jの互換フォルダ内にコピーします。
C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\eudoraフォルダが該当します。
コピーしたら、拡張子をmboxからmbxに変更します。

20101026-4.jpg


4.Eudora 7Jを起動すると、自動的に先程作成したmbxファイルに対応するtocファイルが生成されます。

20101026-5.jpg


5.Eudora 7J内に、先程コピーしたmbxファイル名のメールボックスが作成されます。
フォルダ内にはAL-Mailのメールが保存されています。
HTMLメールの文字コードによっては文字化けする場合もありましたが、ほとんどのメールは正常に読むことができました。

20101026-6.jpg