PC・Internet

iPhone6s フロントパネル交換

投稿日:2019年10月20日 更新日:

先日、娘がでかけた際にiPhone6sを落としたと言ってきました。
幸い液晶のガラスが割れただけで動作は問題なさそうなので、自分でフロントパネル交換することに。
といっても、分解方法はネットに掲載されているので、事前にそれを読んでから作業開始です。

交換パーツはAmazonで購入。
こちらの商品、スピーカー、カメラ、近接センサーが取り付けてあるので移植する必要なし。
わざわざパーツを移植する時間とスキルを考えると、動作すればいいと考えている私にはコレで十分でした。

ポチッとした翌日には届きました。
商品をオープン・・・
写真中央にあるiPhoneの写真はマグネットシートになっていて、ネジを該当箇所に付けておくことで紛失を防ぐことができます。
なかなか親切です。

残念なのは吸盤とクリーニングクロス。
カビなのか不明ですが汚れていました・・・。

作業開始です。
Lightningコネクタ両側のネジを外したらドライヤーをあてます。
隙間ができたら付属のヘラを突っ込みます。
以前、Xperiaの電池交換したときのヘラもあったので複数枚を突っ込みました。

フロントパネル上部にケーブル類があるので、慎重に開きます。
開いたら、接続ケーブルを固定しているカバーを外します。
その中にあるケーブル3種類を外します。
交換パーツにこのケーブルが取り付けられてるので、基盤を傷つけないように思い切って浮き上がらせて外しました。

外したパネルと交換品です。
見た目は違いが分かりませんでした。
あとの作業としては、下部のホームボタンの移植が必要なくらいです。

ホームボタンの固定カバーを外し、ボタンとコネクタを外して移植します。
ケーブルが細いので、ここは慎重に作業しました。

新しいガラスパネルに移植したら、あとは組み立て直すだけです。
組み立てに集中していて写真が無いのですが、あとは電源を入れて通話・スピーカなどの動作確認をすれば終了です。
しばらく使ってみて、初期不良がないか様子見です。

今回Amazonで購入したパーツはコチラになります。
参考まで。


新型 YPLANG iPhone 6s フロントパネル 液晶パネル フロントカメラ部品付き 修理用交換用LCD デジタイザー 修理工具付き フロントカメラ部品付き 取り付け簡単化(6S黒)

Google 336



Google 336



-PC・Internet

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

2011年9月(上旬)のいらっしゃ~い

9月上旬にアクセスしてきてくれた252組織の一覧です。

CentOS5.2でCPUの温度をMRTGで監視してみる

CentOS5.2にインストールしてあるlm_sensorsでCPUの温度を監視してみました。 が、一筋縄ではいきませんでした。 1.sensors-detectの実行。適当にEnterキーを連打しま …

no image

2013年4月(中旬)のいらっしゃ~い

4月中旬にアクセスしてきてくれた181組織の一覧です。

no image

2月(中旬)のいらっしゃ~い

2月中旬にアクセスしてきてくれた173件の組織一覧です。

no image

2013年3月(上旬)のいらっしゃ~い

3月上旬にアクセスしてきてくれた143組織の一覧です。

アーカイブ

カテゴリー