PC・Internet

自宅LANのPLCを交換、スループット計測!

投稿日:

自宅LAN内は、通常LANケーブルや無線LANなど使う場合がほとんどだと思います。
我が家のサーバはホームゲートウェイから離れた部屋にあり、数年前は無線LANで接続していました。
しかし、無線LANの電波が安定しないため、今までBUFFALOのUPA方式PLC「PL-UPA-L1/S」を使っていました。
年数も経ち、最近アイ・オー・データからHD-PLC方式の「PLC-HP240EA-S」というのが発売になると聞き、新製品を購入してみました。
ま、BUFFALOのはアウトレット品を安く買って使っていたので、珍しくちゃんとしたものを購入・・・(笑)

写真左がBUFFALO、右が今回購入品。
本体の大きさ、そしてコンセントへ直挿しという点でもコンパクトです。
20121007-1.jpg


ためしに、PLC交換前後のスループットを「iperf」を使って計測してみました。
iperfサーバ側:CentOS
iperfクライアント側:Windows7 Pro
●BUFFALO PL-UPA-L1/Sの場合
————————————————————
Client connecting to 192.168.1.xxx, TCP port 5001
TCP window size: 8.00 KByte (default)
————————————————————
[172] local 192.168.1.xxx port 50049 connected with 192.168.1.xxx port 5001
[ ID] Interval Transfer Bandwidth
[172] 0.0-10.0 sec 25.3 MBytes 21.2 Mbits/sec
●PLC-HP240EA-Sの場合
————————————————————
Client connecting to 192.168.1.xxx, TCP port 5001
TCP window size: 8.00 KByte (default)
————————————————————
[172] local 192.168.1.xxx port 49298 connected with 192.168.1.xxx port 5001
[ ID] Interval Transfer Bandwidth
[172] 0.0-10.0 sec 24.1 MBytes 20.2 Mbits/sec
PLCがUPA方式からHD-PLC方式に変わりましたが、ご覧のとおりほとんど速度に変化なしでした・・・。
何回か計測しましたが、平均して20Mbits/sec前後の結果でした。
PLC本体にある速度測定機能も試してみましたが、LEDランプが2つ点灯(10Mbps~30Mbps)という結果でした。
PLC本体自体がコンパクトになったので、コンセント周りがスッキリした点では良かったかなと思ってます。

Google 336



Google 336



-PC・Internet

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

2015年2月(下旬)のいらっしゃ~い

2月下旬にアクセスしてきてくれた117組織の一覧です。

MEDIASシェルカバー

家電量販店を回っても見つからなかったので、ネットで購入しました。 やっぱり、本体にキズをつけたくないからねぇ。 ELECOMの「PD-NCM1PVBK」にしました。保護シート付きです。

no image

2011年2月(上旬)のいらっしゃ~い

2月上旬にアクセスしてきてくれた428組織の一覧です。

パーティション変更ソフト「EASEUS Partition Master 8.0.1」

以前にも紹介した「EASEUS Partition Master」の最新バージョンです。 操作画面が若干変更になっているので、操作方法を再紹介します。 Cドライブが30GB、Zドライブが38.4GBと …

no image

2015年4月(中旬)のいらっしゃ~い

4月中旬にアクセスしてきてくれた102組織の一覧です。

アーカイブ

カテゴリー