PC・Internet

CentOS 7でBluetoothマウスを使えるようにする

投稿日:

我が家の自宅サーバ(CentOS 7)とWindows10 2台で同じBluetoothマウスを使えるようにしたいと考えました。
マウスは、ELECOMの「M-XGS10BB」、Bluetooth USBアダプタもELECOMで「LBT-UAN05C2」。
「M-XGS10BB」は2台のPCを切り替えて使用できるマルチペアリング機能を搭載しています。
我が家のような環境にぴったりです。
マウスの「PC1」をWindows、「PC2」をサーバとして割り当てることにしました。


エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth 5ボタン BlueLED Sサイズ 握りの極み ブラック M-XGS10BBBK

 


エレコム Bluetooth USBアダプタ 超小型 Ver4.0 EDR/LE対応(省電力) Class2 Windows10対応 LBT-UAN05C2

Windows10の方は、簡単なので省略。わからない人はググって下さい。

まず、Linuxサーバの方に「LBT-UAN05C2」を接続。
CentOS 7に「bluez」をインストールします。
自宅サーバにはすでにインストール済みでしたので、ここは省略します。

1.Bluetoothを起動します。
systemctl start bluetooth.service
systemctl enable bluetooth.service

2.bluetoothctlコマンドからマウスを検索・接続します。
bluetoothctl

3.ペアリングするマウスのMACアドレスを調べます。
実行したらMACアドレスと「Bluetooth BlueLED」という名称が検出されました。
devicesもしくはscan on

4.ペアリングの実行
pair MACアドレス

5.マウスの信用登録の実行
trust MACアドレス

6.最後に接続を実行
connect MACアドレス

しばらくすると、Bluetoothマウスが操作できるようになりました!
WindowsPCとCentOSとで、マウスのスイッチを切り替えて使えて便利です。
言うまでもないですが、もしものためにUSB有線マウスは常備しておきましょう(笑)

Google 336



Google 336



-PC・Internet

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

4月(上旬)のいらっしゃ~い

4月上旬にアクセスしてきてくれた286組織の一覧です。

no image

2011年6月(中旬)のいらっしゃ~い

6月中旬にアクセスしてきてくれた269組織の一覧です。

no image

2015年3月(下旬)のいらっしゃ~い

3月下旬にアクセスしてきてくれた140組織の一覧です。

「Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」予約!

予想通り、「Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」が発表・予約開始となりました。 ヨメからのOKも出たので、仕事終わりにヤマダ電機にてフツーに予約成功! 話はコレで終わりませんでした …

no image

2018年12月(下旬)のいらっしゃーい

12月(下旬)にアクセスしてきてくれた74組織の一覧です。 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社 株式会社ケイ・オプティコム BAN-BANネットワークス株式会社 DION (KDDI株式会社) GM …

アーカイブ

カテゴリー